トイレがつまり水が漏れたら至急修理が必要です

家庭の中では水回りのトラブルが発生しますが、自分で直ぐに修理に出来ないのはトイレのつまりで水漏れを起こすことで、マンションやアパートの場合は階下の家庭に迷惑を掛けることも有るので、修理会社に依頼することが必要です。キッチンや洗面所で有れば、ラバーカップやパイプの洗浄剤を使って自分で修理することも出来ますが、この場合も排水口からの水の流れが悪い場合で、それ以外は修理会社に依頼して方が良い場合も有ります。トイレつまりの原因で多いのは、水に溶けない物を流してしまうことで起こることが多く、便器の水が流れずに縁から漏れることが多く、床が濡れてしまう事も有り不潔にもなりますし、集合住宅だと階下の家庭にも影響が出てしまう事も少なくありません。トイレが詰まっても最初の頃は、ラバーカップや洗浄剤でつまりを無くすこともできますが、中に詰まったものが完全に取れることは少なく、何回も繰り返しているうちに水や便器の縁や、ひどい場合には便器と床のつなぎ目から漏れることも有ります。

修理会社は、高圧洗浄機や特殊なワイヤーを使って取り除きますが場所によっては便器を外してパイプに直接専用の器具を使用して修理を行います。その後何回か水を流して、トイレのつまりが取れて便器やパイプの漏れが無いか確認作業を行いますが、このような場合は、2時間~半日程度修理に掛りますので、その間は使用出来ないと言う不便な状態が続きます。トイレのつまりに気付いたら、漏れがひどくなる前に修理会社へ依頼することをお勧め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*